考える人ブログ

カメラ歴6年の20代男性、考える人 。写真関係の仕事で飯を食う。 ストリートスナップや風景写真がメイン。 街歩き、旅を通して写真について考えてゆく。

気になる話

日本のカメラメーカーのイメージをあげると実におもしろい。僕のカメラ遍歴とおすすめメーカー

日本にはカメラメーカーがたくさんあります。 日本のカメラは素晴らしく、名実ともに最高と称されるメーカー「ライカ」の50万円するカメラ程度のクオリティが日本メーカーでは半分、いや5分の1程度の価格で買えてしまいます。 ライカのそのデザインの秀逸さ…

おしゃれでリアルな写真映画【写真甲子園 0.5秒の夏】が 11月18日に全国公開!感想と評価

ニュースになり、予告が映画館、テレビで放送されるようになってきました。 映画「写真甲子園 0.5秒の夏」が 11月11日に北海道先行公開、11月18日に全国で公開になります。 僕を含め、写真やカメラが大好きな人、北海道が大好きな人は楽しみな作品ですよね。…

FUJIFILM のフラッグシップはどっち? X-T2 vs X-Pro2 の比較。それともX-E3?

メーカー自身が、この2機種をWフラッグシップと言っているので間違いなくどちらもフラッグシップ機です。しかし僕個人としては「ちょっと待った!」と言いたいのです。僕個人の意見としてはX-Pro2をフラッグシップと思っていますが、歴代No.1と思うほどX-Pro…

ウォールデコって何? 壁に写真を飾る、FUJIFILMの新たなサービス。注文方法と価格

FUJIFILM が WALL DECOR(ウォールデコ)というとても革新的なサービスを今年から開始しました。 革新的とは言ってもそれは日本での話で、海外に行けばそれは当たり前のように行われていて、壁に写真や絵画を飾る文化です。 海外の映画を観ると、寝室の壁や…

絶対に、旅行には2個の写ルンですを持って行こう!

今日の朝、屋久島旅行の準備をする僕の相方から、 「ねーねー、この他に何か持っていった方がいいものあるかな?」 と言われました。 僕は迷わずこう答えました。 写ルンですを2個買って持っていくといいよ! 「へー、最近写ルンです人気だもんね。いい考え…

【Lightroom】レタッチは正義?邪道? 始めよう、レタッチ。

レタッチすることは良いことなのか、それとも良くないことなのか。つまりは正義なのか?邪道なのか?結論から言うと、僕個人的な意見としてはみんな、どんどんレタッチしてくれ!レタッチ大賛成派です。レタッチこそが正義!プロアマ問わず誰もがレタッチを…

FUJIFILMが好きな人は、ほぼ確実にスバルが好きだという話。カメラを車で例えてみた

「FUJIFILMのカメラを使っている人は、スバル乗りが多い」と感じたことはありませんか? 僕はFUJIFILMのカメラをメインで使っているFUJIFILMユーザーです。車は2台所有していますが、1台は外車、1台はスバルです。 僕だけではありません。FUJIFILMのカメラを…

FUJIFILM X-Pro3が発売?いつ?Xシリーズの展望と期待

こんにちは、考える人です。 みなさんは最近写真撮っていますか? 僕は夏の暑さに負けて、今年は外に撮りに行くのを躊躇してしまいがちです。 水に、自然に、そして人。夏は写真を撮るのにいい季節です。後悔しないようにもっと積極的に写真撮りにいかないと…

本当に?好きな画角は年齢に比例するって話。

画角(焦点距離)とは人によって好みがあるものです。 広角よりなレンズから望遠まで、様々なレンズが各メーカーから出ていて、選ぼうと思えば自由に好きな画角を選べます。 様々な焦点距離のレンズを持ち合わせている人もたくさんいます。 撮る時の状況によ…

写真集みたいな雑誌【ブルータス8月号台湾特集】の表紙は誰が、どこで撮ったの?気になったので調べてみた

7月15日に発売になったブルータス8月号、 「台湾で見る、買う、食べる101のこと」が反響を呼んでいます。 以前書いた記事がこちら。 この記事で表紙の写真の素晴らしさを語りました。 【まるで写真集】BRUTUS 8月号「台湾で見る、買う、食べる、101のこと。…

【まるで写真集】BRUTUS 8月号「台湾で見る、買う、食べる、101のこと。」がとてつもない本だった話

今日ふらっとコンビニに行ったら、こんな本が! https://magazineworld.jp/ おおおお!! BRUTUS 8月号!台湾特集。 もうね、思わずジャケ買いですよ。この表紙の写真。 台湾の路地の写真で、大通りから少し入った路地にカラフルな店が所狭しと並び、台湾の…

本当に義務?しつこいNHKの受信料請求を適切に追い払う方法

NHKの受信料を払ってください、との請求。誰もが一度は経験したことがあると思います。 僕の家にも、実は昨日、おとといと来ました。 おとといは居留守を使いました。彼らは一度ピンポンを鳴らし、しばらく待ってまた鳴らし、と何度もピンポンを鳴らしてきま…