考える人ブログ

カメラ歴6年の20代男性、考える人 。写真関係の仕事で飯を食う。 ストリートスナップや風景写真がメイン。 街歩き、旅を通して写真について考えてゆく。

FUJIFILM X-Pro3が発売?いつ?Xシリーズの展望と期待

こんにちは、考える人です。

みなさんは最近写真撮っていますか?

僕は夏の暑さに負けて、今年は外に撮りに行くのを躊躇してしまいがちです。

水に、自然に、そして人。夏は写真を撮るのにいい季節です。後悔しないようにもっと積極的に写真撮りにいかないと。

 

さて、今日は僕の愛するFUJIFILMの話題です。

カメラ好きの人は気になる最新機種の話。日々アンテナを張りめぐらしているのではないでしょうか。

X-Pro2が発売されてから日数が経ち、そろそろX-Pro3のことを考える人もいると思います。マニアックなX-Proという種類だけに、僕を含め熱心なファンからはきっとものすごい期待がされています。

僕はX-Pro3発売に向けてX-Pro貯金もすでに始めています。気持ちも少しずつ高まってきています。

 

そのX-Proの最新機種X-Pro3の発売に関する事と期待を、Xシリーズの展望を交えながらお伝えしていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

これまでのXシリーズ

 

f:id:rcz23:20170811182450p:plain

http://fujifilm.jp/index.html

 

FUJIFILM Xシリーズは、富士フィルムが2011年から発売しているハイエンドデジタルカメラで構成されているシリーズである。プロと熱心な写真愛好家を対象とした。同社のデジタルカメラ製品の主力である。Xシリーズ自体は単一の共通センサーサイズ、技術やレンズ形式によって特徴づけされていない。

 引用:ウィキペディア(Wikipedia)

 

とあるようにセンサーサイズ共通のシリーズ化された、いわば最強軍団です。

今現在、最新機種として発売されているものには、

 

・X-A3

・X-T2

・X-E2

・X-T2

・X-T20

・X-Pro2

・X100F

 

の7種類があります。それぞれに数字2や3などと付いているように、その前には1、2とあります。それが進化を遂げた形が現在の機種となっています。 

 

Xシリーズの最強軍団は、それぞれ対象が明確になっていて、自分に合ったものを選べるというのがFUJIFILMの強みではないかと思います。

 

この最強軍団、例えるなら、

 

俊足巧打の1番打者 X100F

機動性もあり堅実に仕事ができる2番打者 X-E2

左右広角万能に打てるチームの主軸 X-T2

一発があり一番怖い打者4番の X-Pro2

 

といった感じです。

 一つ一つ考えると、やはり最強なチームですね。

 

 

X-Proの魅力

 

X-Pro2が4番打者としてチームを引っ張っているわけですが、僕は現在X-Pro2の1世代前のX-Pro1を使用しています。

長打力については最新機種にやや劣りますが、その勝負強さと雰囲気は最新機種にも劣らずいい働きをしてくれます。

 

どんな時でも持って行きたくなるようなカメラで、僕はXシリーズでこのカメラを使い続けたいと思っています。

 

なぜ型落ちのモデルを使用しているかと魅力についてはこちらをご覧ください。

僕の歴代No.1カメラ。名機FUJIFILM X-Pro1の魅力と作例を紹介する - 考える人ブログ

 

 

X-Pro3が発売?

 

1番肝心のX-Pro3の話です。

実際のところ、発売されるかどうかということについてはまだ正式にアナウンスされていません。

しかしながら、X-ProのXシリーズでの立ち位置には他では代用できない役割があり、マニアックながらも確実に多くのファンを持っているので、必ずX-Pro3は発売すると思っています。

 

ではそれがいつなのか考えてみたいと思います。

(あくまでも僕の、根拠を用いた予想です。)

 

まず、発売期間をもとに考えます。

X-Pro1の発売日は2012年2月です。X-Pro2の発売は2016年3月。その間隔が約4年1ヶ月です。

X-T1の発売は2014年2月、X-T2の発売が2016年9月。その間隔が約2年7ヶ月。

 

ただし2つの期間だけでは予測はできないので、3つのモデルが発売されたX-Aシリーズを見ていきます。

X-A1の発売が2013年11月、X-A2の発売が2015年2月、X-A3の発売が2016年11月です。その間の間隔がそれぞれ、1年3ヶ月と1年8ヶ月となっています。

 

少し差はあるもののおおよそ、その期間は一定と言えます。

 

この期間を表にするとこんな感じです。

  1つ目 2つ目 3つ目 4つ目
X-Aシリーズ 2013.11 2015.02 2016.11 2018.04頃
X-Tシリーズ 2014.02 2016.09 2019.04頃  
X-Proシリーズ 2012.02 2016.03 2020.04頃  

 

このことを考慮するとX-Pro3の発売日は

2020年4月と予想されました

 

 

 

 

次に別の観点から考えてみます。

2020年と言われて最初に思いつくことは東京オリンピックです。カメラはそのようなイベント前に最新機種が発売されることが多いようです。

開催が2020年の7月ですのでその少し前に発売されるとなると、先ほど期間で予想したのとほぼ同じような日になります。

 

しかし、X-Proというカメラはスポーツを撮るのに適しているかというと、正直あまり向いていません。ですから、そのオリンピックというイベントだけで予測はできないのは実際です。

Xシリーズでスポーツを撮るというと挙げられるのが、X-Tシリーズです。

先ほどの期間の予測では2019年の4月とう予想でしたので、オリンピック前に発売になると考えると、X-Tシリーズも2019年から2020年の始めに発売になるのが確実かと考えます。

 X-Pro3よりもX-T3の方が早く発売になるのではないでしょうか。

 

また、FUJIFILMの最新機種カメラの発売月の傾向的に、11月か2月というのが多いようなので、今回も2月あたりになってくるかもしれません。

 

-追記-

2017年9月28日にXシリーズ最新機種、X-E3が発売になりました。


 

X-Pro3への期待

 

X-Pro3が2020年頃に発売になると考えて、気になるのは性能です。

X-Pro1から、X-Pro2へと性能がアップしたのにも関わらず、僕が型落ちのX-Pro1を買ったのには価格差に見合っただけの機能向上が見出せなかったからです。

(あくまでも僕の個人的意見です。そう思ってない人もたくさんいるはずです。)

 

X-Pro1でしばらくXシリーズの修行をして、X-Pro3が発売になった時に買おうと考えています。

僕がX-Pro3に求めることを考えてみました。

 

チルト液晶

X-Proで撮る時はファインダーを覗いて撮りたい』と思うものですが、ストリートスナップを撮るにあたって、やはり下から煽るようなアングルも撮りたいときがあります。その時に液晶を動かせたらな、と思うことがあるので付けてもらいたい気はします。

 

さらに進んだフィルムシミュレーション

フィルムシミュレーションで、X-Pro1に無くてX-Pro2にある「ACROS」というものがあります。

試し撮り程度でしか使用したことがないのですが、出てきたモノクロ写真に感動しました。モノクロ写真をよく撮るので、ACROSよりもさらに一歩進んだフィルムシミュレーションでまた感動できることを期待します。

モノクロ写真の記事も書いています。

 

大きさ、重量

X-Pro2はX-Pro1より大きさが少し大きくなり、重さもやや重くなりました。

これ以上大きくなっても小さくなっても、X-Proの良さであるデザイン性が無くなってします。どうかこのまま変わってほしくないです。

 

 

X-Proはこんな人にオススメ

 

何度か言いましたが、X-Proはマニアックなカメラです。

そのマニアックさで人を魅了しています。

 

撮りたいものを見つけてすぐに撮りたくても撮れない時もあります。使いやすさだけでいうと、X-Tシリーズや、X-Aシリーズなど他にもたくさんあります。

 

それでもX-Proを使うのにはカメラに対するこだわりや、撮ることへの考え方が何かしらあるからです。僕以外のX-Proユーザーもそうですよね?

 

撮るということを楽しみたい人や、デジタルカメラへの情熱が無くなってきた人にこそこのX-Proというカメラを使ってほしいです。

 

今、X-Pro1もしくはX-Pro2を使っている人も、そうでない人も、X-Pro3の発売は迫ってきています。

さあ、みなさん。2020年の始め頃ですよ!

 

今からX-Pro3に対する気持ちを高めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

関連商品

僕の愛機、X-Pro1。

関連記事

X-Proには単焦点レンズが合いますよ。