考える人ブログ

カメラ歴6年の20代男性、考える人 。写真関係の仕事で飯を食う。 ストリートスナップや風景写真がメイン。 街歩き、旅を通して写真について考えてゆく。

【台湾写真旅 1 】FUJIFILMで台湾スナップ。高雄は日常に幸せを感じる場所だった。

世界中の人々を魅了する国「台湾」

僕が海外で一番好きな国でもあります。

 

最近ではテレビや雑誌での特集が多く、数年前に比べると格段に認知度が上がってきていて、日本人渡航者の数も上位に入るまでになっています。

親日であることや、東日本大震災の時に多額の義援金を寄付してくれたことなど、日本人にとってとても良いイメージがあり、行きやすい場所でもあるからです。

 

僕の中のイメージとしては

食が美味しく、人々が温かい。とても落ち着く場所。

台湾は、少し前の日本映画のワンシーンのような、故郷に帰ってきたような、そんな気持ちにさせてくれる場所です。

 

11月の始め、【台湾写真旅】と称して、台湾に飛び写真をたくさん撮ってきました。

順番にその様子を紹介していきます。

 

 

持って行ったものについても書いています。

 

 

 

台湾へ出発

 

羽田空港ー桃園空港ー桃園駅ー左營駅 というルートで東京から高雄へと行きました。

秋のシーズンは台風がよく通過する場所なので、常に気象情報と飛行機の運行状況をチェックしていなければなりません。

今回の日程はギリギリセーフでした。

 

f:id:rcz23:20171107222526j:plain

 

f:id:rcz23:20171107222546j:plain

 

台湾へ。一気に気温が上がりました。

高雄へ行くと、もう夏のような熱気です。

 

f:id:rcz23:20171107222600j:plain

 

高雄の地下鉄「MRT」

台北や高雄は路線がしっかりしていて非常に便利。

日本の地下鉄のようで、高雄の主要な観光地にはMRTで行くことができます。

 

f:id:rcz23:20171107222614j:plain

 

 

台湾らしさを求めて

 

f:id:rcz23:20171107222626j:plain

 

f:id:rcz23:20171107222641j:plain

 

歩くとそこらじゅうにヤシの木があります。

ヤシのジュースの店もたくさんあります。

太陽の日差しと、ヤシの木を見てやっと「台湾に来たんだな」と実感します。

 

f:id:rcz23:20171107222655j:plain

 

台湾発祥のタピオカミルクティー

11月にもかかわらず30°C超えで暑いので、これがまた美味しい。

コンビニ以上にタピオカが飲める店があって、店によってタピオカに味があったり、甘さが微妙に違ったりするので、飲み比べて好きな店を見つけるのも面白いです。

 

f:id:rcz23:20171107222710j:plain

 

 

威圧感

 

f:id:rcz23:20171107222727j:plain

 

f:id:rcz23:20171107222740j:plain

 

f:id:rcz23:20171107222757j:plain

 

蓮が咲く池「蓮池潭」は高雄を代表する観光地です。

この時期は蓮の花は咲いていませんが、広大な池に、龍と虎の建物がどっしりと構えています。

台湾らしいカラフルな建物。

 

f:id:rcz23:20171107222814j:plain

 

f:id:rcz23:20171107222832j:plain

 

f:id:rcz23:20171107222846j:plain

 

龍の口から入って、虎の口から出る。

建物の上の方まで登ることができて、そこから見る景色は絶景です。

 

f:id:rcz23:20171107222859j:plain

 

f:id:rcz23:20171107222914j:plain

 

入り口を入るとなにやら恐ろしい彫刻が...

 

f:id:rcz23:20171107222928j:plain

 

f:id:rcz23:20171107222941j:plain

 

f:id:rcz23:20171107222957j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223013j:plain

 

龍虎塔までの道はこのように曲がっています。

悪霊は道をまっすぐに進むことしかできないので、ジグジグな道になっているそうです。

 

f:id:rcz23:20171107223028j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223042j:plain

 

上から見ると、高雄は高層ビルやマンションが立ち並んでいます。

行ったことの無い人のイメージとは少し違うかもしれません。

 

f:id:rcz23:20171107223058j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223111j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223132j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223145j:plain

 

 

 

周辺を歩いてみる

 

f:id:rcz23:20171107223213j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223228j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223243j:plain

 

南国の気候が生んだ色とりどりの果物。

日本では見ることのできないものばかりで、不思議そうな顔で見ていると、店の人は快く試食をさせてくれました。

歩いてみるといろいろな発見が多いです。

 

f:id:rcz23:20171107223256j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223311j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223326j:plain

 

周囲は5kmと非常に大きな池です。

その池のそばに龍虎塔をはじめ、様々な神様などの建物があります。

  

f:id:rcz23:20171107223340j:plain

 

バイクの国、そして自由の国。

人々はどこまででもバイクで行ってしまいます。

2人乗り、3人乗りなんて当たり前。

 

f:id:rcz23:20171107223354j:plain

 

f:id:rcz23:20171107223409j:plain

 

蓮池潭に行く時はレンタル自転車を使用してみました。

台北や高雄にはこのように自転車がいたる場所にあるので、ちょっとの距離でも自転車を利用するのがおすすめです。

 

 

撮影カメラFUJIFILM X-Pro1

撮影レンズFUJIFILM XF23mmF2

 

 

なんでもないことに幸せを

 

僕自身、台湾へ行くのは7回目、蓮池潭に行くのは3.4回目になるのですが、何度行っても新しい発見があります。

 

龍池潭のそばの広場で座って景色を眺めながら、休んでいました。

そうするとなにやら歌声が。それも相当上手な様子。

 

よく聞いていると、台湾人のおじさんがステージのような場所でカラオケをしているのでした。聞いている人も何人かいます。

昔歌手をしていたのでは?と思うほどの素晴らしい歌声で、中国語の演歌のような曲を何曲も熱唱しているのでした。思わず聞き惚れてしまい、しばらくその場所でおじさんが歌う曲をBGMに、池を眺めていました。

たしか、前に蓮池潭に行った時も遠くでその歌声を聞いたような。

毎日その場所で歌っているのか。

 

なんて平和な国なんだろう。としみじみと感じる瞬間でした。

 

 

続きは次の記事で書いていきます。

【台湾写真旅 2 】X-Pro 台湾スナップ。高雄で台湾らしさを撮ってきた。

【台湾写真旅3】台湾での写真は、FUJIFILMの良さが出るものばかりだった。X-Pro 作例

 

 

 

 

 

 関連記事