考える人ブログ

カメラ歴6年の20代男性、考える人 。写真関係の仕事で飯を食う。 ストリートスナップや風景写真がメイン。 街歩き、旅を通して写真について考えてゆく。

満を持して、X-H1を購入!所有感が満たされるカメラ【FUJIFILM】

f:id:rcz23:20190407100128j:plain
ネットで他の人のサイト見たり、作例を見たり。店舗で実機を触ったりして欲しい気持ちが最高潮になったカメラ、X-H1
ついに購入してしまいました
FUJIFILMの新機種カメラが欲しい。X−H1?X-Pro2?X-Pro3? - 考える人ブログ

あれだけ以前の記事でX-Pro3に寄せる思いを書いていたのに。
まだ発売にならないX-Pro3に向けて少しずつ気持ちを高めて、イメージも膨らませていましたが、X-H1を見ているうちにやはりFUJIFILMのフラッグシップはX-H1だ!買おう!と強く思うようになり決めました。
購入した決め手は後日詳しく書きます。今日は購入して感じているファーストインプレッションや、X-H1の素晴らしさを書いていこうと思います。

www.kangae-ruhito.com


大きさが心地よい

f:id:rcz23:20190407095712j:plain
FUJIFILMの中では大きいカメラです。ミラーレスの中だと1番大きいのではないかと思います。ぱっと見ると大きいのですがその大きさも全然悪く感じないのです。言い方を変えると心地が良いサイズ感。
f:id:rcz23:20190407095730j:plain
X-T3は小さくて軽いけどしっくりこない。X-Pro2はグリップが弱くて少し残念(そういうクラシカルなカメラですが)
X-H1は持ってみると手にぴったりと合い、早く持ち出したいと思える感じです。他のカメラでもなかなかありません。
例えるならNikonのD750を持った時の感覚に似てるなと思いました。重いけどしっくりくる感じ。また、LUMIXのS1というカメラに大きさもデザイン、感触も似ているなと思いました。


レンズの装着感

f:id:rcz23:20190407100301j:plain 小さな単焦点レンズはあまり合わない気がします。僕が所有するXF23mmF2を装着してみました。
f:id:rcz23:20190407100243j:plain
ボディの大きさに釣り合わず少し違和感があります。大好きなレンズなので僕はこれに慣れるまで使用しますが。 逆にズームレンズや大きな単焦点レンズが似合うカメラです。 f:id:rcz23:20190407095857j:plain

FUJIFILMの小さいカメラは大きなレンズを付けるとお辞儀するように前かがみになるという問題がありました。X-Pro1でもXF55-200mmぐらいがギリギリの大きさかちょっと大きすぎるかと思います。X-H1はこのサイズのレンズだとめちゃめちゃフィット。 XF16-55mmもものすごく似合うのではないかと思います。
高価な大きなレンズも、かっこよさを活かしながら使えるカメラです。レンズがさらに欲しくなります。
確実に ”買い” な FUJIFILM レンズ。XF55-200mm の作例とオススメする理由。 - 考える人ブログ


配置が良い

f:id:rcz23:20190407095915j:plain
計算されたボディのボタンの配置。ISO感度、シャッタースピードが上面に、露出補正が右手で扱えます。右手は親指と人差し指でツマミを回せるようになっています。   f:id:rcz23:20190407095748j:plain
また上面にサブモニターがあり、撮影の設定値が表示されます。大きくて見やすいですし、電源をオフにしてもSDカードの残り枚数や電池の減りが 分かります。これがすごく便利で、いちいち電源をオンにして確認する手間が省けます。もともとバッテリーのもちが良くないカメラなので、できる限り無駄な電源の入り切りはしたくないですし。


フラッグシップはこれだ

f:id:rcz23:20190407100110j:plain
堂々とした佇まい。やはりFUJIFILMのミラーレス機といえばこれだ、と言えるカメラはこのX-H1であると思います。画質や機能性、どっしりと構えた雰囲気、かっこよさ、価格を考慮してそう思います。
ダブルフラッグシップと言われていた少し前のFUJIFILM、そこからトリプルフラッグシップとも言われる今の時代。
FUJIFILM のフラッグシップはどっち? X-T2 vs X-Pro2 の比較。それともX-E3? - 考える人ブログ

しかしながら僕はこのカメラこそが唯一無二のフラッグシップ機だと感じています。メーカーとしてもそのような考えのもと情熱を注いで作ったカメラなのではないでしょうか。


シチュエーション

f:id:rcz23:20190407095824j:plain
X-Pro1からX-H1に乗り換え、撮りたいと思えるシチュエーションや、撮影が増えました。
・夜の手持ちスナップをしたい
・風景写真にも力を入れたい
・XF16-55mmを購入したい

不自由さがありながら楽しめたカメラから、バリバリの高性能カメラにすることで「撮る」というカメラ写真の原点としての喜びから、いろんなシチュエーションで撮れる喜びや楽しさへと変わるかなと思います。
僕の考えとしてはメインでがっつり撮る時のカメラとしてX-H1、ゆるく気軽に写真撮影というものを楽しむ時にはX-Pro1やフィルムカメラをこれまで同様使用していきたいと思っています。


やっぱり良いカメラ

f:id:rcz23:20190407100145j:plain 今回は購入したX-H1のレビュー的な話でした。発売して1年も経過しているのでみなさんは使用してみたり、所有したり、またはどこかの記事を読んだりしたことがあると思います。購入すると所有感が満たされる良いカメラであると感じています。
f:id:rcz23:20190407100204j:plain
まだ写真を多くは撮っていないのでたくさん撮影したのち、今度は作例として載せてみたいと思います。