Lightroom

【Lightroom】レタッチは正義?邪道?始めよう、レタッチ。

現在のデジタル主流のカメラ界で、専用ソフトを使用してレタッチ(raw現像)を行うことはよく行われています。プロのカメラマンに撮っては普通のことで、写真を仕事としていない人の間でも一般的になってきています。

カメラメーカーの編集ソフトや、知名度No.1のadobeの「Lightroom」や「Photoshop」、Skylumの「Luminar 3」などが一般的に使われています。

人の手によって写真に手を加えるレタッチという行為。
レタッチすることは良いことなのか、それとも良くないことなのか。

つまりは正義なのか?邪道なのか?

このことが議論されることがあるようなので考えていきます。

レタッチは正義?邪道?

結論から言うと、レタッチは正義。
僕個人的な意見としては「どんどんレタッチしよう。レタッチ賛成派」です。

レタッチは正義!プロアマ問わず誰もがレタッチをして、自分の写真の幅を広げてってほしいです。

しかしながら、反対派も多い。反対派の意見もよく分かります。
なぜ反対派が多いかというと、「レタッチで調整や編集した写真はただの加工品で、カメラで撮ったというよりPCで作り上げた写真」などといった意見が多く挙げられるからです。

まさにその通りで、PCで作り上げた写真はいわばただのイラストで、写真としての価値が減少してしまうという考えもあります。

写真の中のゴミを削るぐらいならまだしも、何でも消したり…元の写真とは全く違うような「別の」写真。

僕の考えとしては、やりすぎだなと思わせるのは良くないと思います。色合いもいじりすぎてこれは写真なのか?と思わせる写真も良いと言えません。

また、あからさまにコントラストを上げすぎたり、光を強めすぎたり。

こういった写真を見ることも多く、SNSを眺めていると「この人やりすぎてるなぁ」と思ってしまうことも多くあります。

レタッチは何のために?

でもやりすぎって言いましたが、どこまでがやりすぎで、どういった基準があるのでしょうか?

その問いの前に、結局のところレタッチはどういった作業で何のため?ということからです

僕が考えるレタッチ、それは

・自分の見た光景をカメラの設定で補いきれなかった時に、後からその見たままの(記憶した)光景に近づける作業。

・もしくは写真をより「魅せる」ために印象的に表現するためのツールだと考えている。 

レタッチする際に撮影した時のことを頭に描きながら、その光景を再現していきます。

思い描いた自分の色を目指して仕上げていくわけですから、そこに行き着いたら終了になります。

問題は芸術的に魅せる作品に仕上げる場合です。この時にやりすぎ作品が多く生まれてくるのではないかと思います。あれもこれも修正を加えて、どこまでやるのか分からなくなった状態…

やりすぎた作品にしないためには、自分の中で具体的なルールを決めるのがいいでしょう。

例えば、小さなレンズやセンサーのゴミ程度のものなら良いけど、人やものを消すのはナシ。もちろん物を足すのもナシ。

ものを足したり、引いたりするのは完全なフィクション画像になってしまいます。それは、もはや写真ではなく絵画に近いものです。

見たままの光景を目指して、それに行き着いたらそれ以上は何もしないというもルールでいいでしょう。

要は、何のためにレタッチするのかを考え、ただ思うがままにするのでは無く、完成形を頭に描くことが重要。

そうすることによって、作業効率も出来栄えも良くなります。

現像後の出来は撮影で決まる

撮影後に何でも調整できるからと撮影をおろそかにするのもいけません。

レタッチで調整できるのは

・色に関する情報

・光の情報

・ノイズの情報

です。光やノイズに関してはある程度の限界があります。

ということは、それ以外のシャッタースピード、構図、ピント、絞りの条件はカメラ本体でしか設定できません。(最近のスマートフォンでは撮った後にピントも変えられるみたいですね)

構図、ピントなどがしっかりした写真は、レタッチによってさらに素晴らしい写真にすることはできますが、それらが良くない写真はどうすることもできません。

あくまでもカメラで撮った写真あっての、レタッチなのです。このことが何より大事です。レタッチをするから撮影は大雑把で良いのではなく、まずはカメラの撮影条件を第一に考えましょう。

レタッチで表現すべきこと

僕個人的なことをお話すると、FUJIFILMが好きでずっと愛用しています。FUJIFILMが出してくれる色におおよそ満足している、というのが現状です。

しかしレタッチは常にしていて、Lightroomは必須ツールです。

例えば、空や海の色。カメラ本体で良い色を出してくれていても、それが朝日なのか夕日なのか。そういった微妙な色の違いをレタッチで自分の思い描いた色に近づけられるというのが重要なポイントです。

さらに、逆光で撮った時の写真と実際の見え方の違い。部分的に露出を調整できると目で見た写真に近くなるのかなと感じます。

このように微妙な記憶色の違いをレタッチによって表現していくというのが、レタッチの強みなのです。

レタッチをするなら持っておきたい本。【デジタル写真の色を極める!】を読んでLightroomを使いこなす 

最後に

レタッチ反対派の人に伝えたいことがあります。

カメラで撮影して「jpeg撮って出し」で出す時、何もされない撮ったままの写真と思われるかもしれません。しかし実はカメラの中で調整が行われています。カメラの中で現像されています。

つまりはメーカーごとの特徴によって微妙に調整された、rawデータとは色合いが少し変わった写真ということなのです。

rawで撮った写真はそのような調整を行わないデータなので、カメラが行っている調整を自分でレタッチとして行います。

メーカー独自の方式でカメラ本体がやるか、自分でやるか。
それがレタッチと撮って出しの違いです。

レタッチは複雑に見えて、こんなに簡単なことなのです。このことを理解しておくとレタッチに対する疑念や、反対派の気持ちが薄れるかもしれませんよ。

今回の記事をまとめると

・レタッチの目的は、「写真を記憶色に近づけること」と、「作品として仕上げること」

・やりすぎな写真にならないようにするために、自分の中でルールを決める

・常に完成形を頭で思い描いてレタッチする

・レタッチで調整できるのは「色」「光」「ノイズ」の情報

・レタッチよりも撮影条件を第一に考える

・撮って出し画像とレタッチ画像の違いは、「カメラが現像したか」「人が現像したか」ということ 

さあみなさん、レタッチを始めましょう。写真の幅が広がること間違いなしです。

飛騨高山での写真
写真で伝える飛騨高山(本編)Lightroom作品先日の飛騨高山の写真【プロローグ】に引き続き、本編です。 今日は、撮ってきた写真を、これでもか!と公開していきます。 前回の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です