Lightroom

デジタル写真の色を極める!を読んでLightroomを使いこなす

雷鳥社から出てる「デジタル写真の色を極める」という評判の良書を読んでみました。

この本はLightroomに限らず、すべてのレタッチ、現像ソフトで共通する、レタッチをする上で知っておくべきことを28の項目で書かれています。

以前の記事にも書いた通りレタッチは誰もがするべきであって、僕は大賛成です。

【Lightroom】レタッチは正義?邪道?始めよう、レタッチ。

とは言いながらめんどくさかったり、知識が乏しくてあまりやらなかったレタッチやRaw現像を今このタイミングで深く勉強しよう!となって本を購入して勉強をしているのです。

本屋に並んでいるレタッチの本はたくさんありますが、PhotoshopやLightroomの使い方だったり、その他の現像ソフトで写真を綺麗に仕上げる方法だったり、肝心のレタッチに必要な、デジタル写真の色や写真そのものの知識が欠けているものが多いです。

書店に並ぶ本は、ただ単に現像ソフトを「使う」には十分ですが、「使いこなす」にはそれなりの基礎知識が必要なので、長く付き合うには不十分です。

基礎を知ることでなぜこの操作が必要なのか?という疑問が解決できます。

僕は知識を得て、なぜレタッチが必要かということも少しずつ分かってきたので、今日はレタッチの基礎を学んだおすすめのこの本を紹介していきます。

ちなみに基礎だけでなく、現像ソフトの使い方もある程度書かれていますよ。

10年経っても古くならない本

レタッチソフトや現像ソフトの種類にとらわれることなくデジタルで編集するための基礎知識が書かれているので、新しいソフトが出たりアップデートされて使い方が変わってもそれに応用できます。

言い換えれば、レタッチの教科書とも呼べる本で、何年経っても基礎を振り返りたい時に戻ってこれる本です。レタッチを本気でやる人は持っておくべき一冊です。

内容が盛りだくさん

RGBなど色の基礎、ヒストグラムの見方、JPEGとRAWの違い、レタッチする順番、トーンカーブ、プリントについて、その他まだまだたくさんの項目。

と非常に内容が濃いです。ページ数はなんと300超え。

f:id:rcz23:20170923205952j:plain

書店でいろいろな本を読んで見ましたが、正直ここまで基礎から書いてある本はありません。文字ばかりでなく、写真と図で飽きないような内容です

作業が早くなる

写真の明るさや、色、鮮鋭度を変えるという修正に関することだけでなく、画像の内部構造や特徴、現像するにあたって便利な周辺機器のことまで内容に入っているので、時間も短縮できるようになります。

基礎を知って操作を必要最小限にすることで、結果的に出来上がりのクオリティも良くなります。

初心者から上級者まで

これからレタッチを始める人から、デジタルの基礎に触れて作品をさらに良くしたい上級者までに向いている万能な本です。

これから始めたい人や、普段なにげなくレタッチをしている人には特に読んでほしいと思います。

簡単に内容に触れる

レタッチの第一歩は、写真をきれいにすると考えるのではなくて、「どうしたいのか」と考えることから始める必要がある

ただ単にきれいにしたいと思うと終わりが見えません。どうしたい、という最終形があるとやりすぎることもなくスムーズにいくと言っています。

これはどういった機能が使えて、どのように画像を補正できるかという基礎を頭に入れておく必要があります。

第一印象で感じたイメージは即座に書き取っておくようにしよう。…

…よく、写真を前にして途方に暮れる人がいるけれど、それは「レタッチの方針」、すなわち、写真から受けた第一印象を重視していないからに他ならない。

どうやって終わりを見極めるのかというと、簡単なのが複数の写真を並行してレタッチするという方法だ。

これも最終形を明確にすることに共通します。写真を見て感じた「明るすぎる」や「色味が少し青すぎる」などという第一印象が大事なんですね。

第一印象で気になる所を見つけられれば、最終形をイメージできるはずです。

そして複数枚同時に行うことでパッと見た印象が感じられるということ。なるほどなぁ。

レタッチでは、余計な作業を施すごとに画質は劣化していくし、ローキーからハイキーへというように相反する調整を施すと、画質は極端に落ちてしまう。

これが非常に大切なこと。

レタッチを学ぶことは

できることを広げるとともに、できることを制限することでもある

このように感じます。

今までやってたことを違う少ない手順でできれば画質の劣化も防げるし、先ほど言ったように時間も短縮できます。画質をいかに落とさずにレタッチするかという大事なことが書かれています。

知識として必要なのが、「レベル補正」「トーンカーブ」「カラーバランス」(Photoshopでの名称)の三種類。言い換えれば、”本気”でレタッチするなら、これらの機能が搭載されていないソフトは選ばないほうがよい。それほどに重要かつ必須の機能でもある。

色温度とは「光の色を数値化」した尺度のこと。…

…「色温度」機能はこの特性に従って色を調整するため、直感的かつ写真的に補正できる点が特徴だ。

対して「カラーバランス」機能はというと、非常に論理的でデザイン的な補正機能といえるだろう。

三種類のレタッチ技術について詳しく解説されています。トーンカーブだけですべてを補正できる方法がわかります。どのソフトでも共通するよう原理から、手順、画像の変化のビフォーアフターまでわかりやすいです。

明確な基準がない以上、自分の写真をどのようにレタッチしてもかまわないということになるけれど、やはり、「自分なりのルール」は決めておくべきだろう。

以前の記事で書いた、僕が感じていた

「自分のルールを決めてレタッチをする」ということに近いことが書いてありました。

やりすぎるとよくないし、デジタルだからこそできることを存分にやりたいし。というどこまでレタッチするのか問題を解決してくれる(かもしれない)内容が詳しく記されていました。

以上、簡単にではありますが、気になった箇所を引用してみました。この他にも多くのタメになるポイントが散りばめられていますよ。

f:id:rcz23:20170923210302j:plain f:id:rcz23:20170923210303j:plain

インプットがあってはじめてアウトプットがある

基礎知識が無いのに、単に触っていれば覚える。そんなはずはありません。

本気でレタッチする人や、作品の仕上がりにいまひとつ満足がいかない人は専門の本を読むといいです。

レタッチに勉強は必要です。

これから始めたい人も、本で基礎を学んでからでいいかと思います。

僕もこの本を読みレタッチのモチベーションが上がり、もっと早く出会うべき本ったと感じています。

評判

f:id:rcz23:20170923220847p:plain

@ud_fibonacci

f:id:rcz23:20170923220910p:plain

@chikengeorgezf2

f:id:rcz23:20170923221312p:plain

@KeiichiYamamot

読んだほとんどの人が、良い!というように、評判はすごいものです。

正直な感想

レタッチをする上で知識を付けたいと感じて、学べる何かいい本はないかな〜と探している時に、正直他者の評判をもとに買った本なのですが、非常に勉強になる本でした。

他にも何冊か読みましたが、これが一番インプットが多い本でした。

メインは操作ではなくあくまでも原理なので、現像ソフトの操作を知りたい人はそれ専用の本を買うべきだと感じます。その1冊に加えて、もっと使いこなしたい人は絶対にこの本がおすすめです。

ですから2冊本を買えるとしたら、この2冊を買うべきです。総じて言えることは、レタッチは奥が深くて楽しいということです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です