カメラ

X-H2やX-E4の発売はいつ?全Xシリーズの発売日から考える

FUJIFILMの最新機種の話、気になりますよね。

特にX-H2X-E4X-T40など現行機からある程度時間は経ったものの、今後発売になるかどうかも分からないカメラってたくさんあります。

みんなが気になっている所である

「本当に発売になるの?」
「発売になるとしたらいつになるの?」

という疑問について根拠を元に考えていきたいと思います。

その根拠というのは、Xシリーズ全てのカメラの発売日とイメージセンサー、そしてFUJIFILMの関係者のインタビュー記事など。
このあたりを見ていくと今後のXシリーズの動向がなんとなく分かってくる気がしました。

ちなみに今回書いているXシリーズとは以下の8種類です。

・X-Hシリーズ
・X-Proシリーズ
・X-Tシリーズ
・X-Eシリーズ
・X-T(2桁)シリーズ
・X-T(3桁)シリーズ
・X-Mシリーズ
・X-Aシリーズ

Xシリーズ全モデルの発売日・概要

これまでのXシリーズのカメラ全22種類の発売日とセンサーの種類一覧です。

カメラ名
発売日
イメージセンサー
X-Pro1
2012.2.18
X-Trans CMOS
X-E1
2012.11.17
X-Trans CMOS
X-M1
2013.7.27
X-Trans CMOS
X-E2
2013.11.9
X-Trans CMOS Ⅱ
X-A1
2013.11.23
ベイヤー配列CMOS
X-T1
2014.2.15
X-Trans CMOS Ⅲ
X-A2
2015.2.26
ベイヤー配列CMOS
X-T10
2015.6.25
X-Trans CMOS Ⅲ
X-Pro2
2016.3.3
X-Trans CMOS Ⅲ
X-T2
2016.9.8
X-Trans CMOS Ⅲ
X-A3
2016.11.10
ベイヤー配列CMOS
X-T20
2017.2.23
X-Trans CMOS Ⅲ
X-E3
2017.9.28
X-Trans CMOS Ⅲ
X-A5
2018.2.15
ベイヤー配列CMOS
X-H1
2018.3.1
X-Trans CMOS Ⅲ
X-T100
2018.6.21
ベイヤー配列CMOS
X-T3
2018.9.20
X-Trans CMOS Ⅳ
X-T30
2019.3.20
X-Trans CMOS Ⅳ
X-A7
2019.10.25
ベイヤー配列CMOS
X-Pro3
2020.1.16
X-Trans CMOS Ⅳ
X-T200
2020.2.27
ベイヤー配列CMOS
X-T4
2020.4.28
X-Trans CMOS Ⅳ

表全体を見てみると、ここにきて一気にカメラが発売したなという感じです。しかも当然ながら最近のカメラは高スペック。

Xシリーズが始まった頃から流れを振り返ってみます。

2012年のX-Pro1から始まり、最初はエントリーモデルなどが多かった印象です。

2016年X-Pro2やX-T2が発売され、FUJIFILMのカメラはある程度落ち着いたかと思われました。

しかし、2018年にはボディサイズの変化に加え、手振れ補正のあるX-H1で新たな切り口を開き、T3桁シリーズであるX-T100で新たな層へ向けたカメラが開発されました。

2020年にはX-Pro3のHidden LCDという一般受けしないようなマニアックなカメラが発売されました。希少性というべきかこだわりというべきか、FUJIFILMの熱意を感じます。僕はこれがすごく好きです。

こう見るとXシリーズスタート当初より現在の方が、新しいカメラが発売されていてミラーレス市場の盛り上がりとFUJIFILMの技術力が感じられます。そして2年ごとに何か新しくびっくりするような変化が出てくるのがこのメーカーの特徴でありすごみである気がします。

他に言えるのは、モデル毎に間隔がおおよそ一定です。またXシリーズのカメラは平均すると世代間の間隔が816日(2年3ヶ月)となっています。
このようなことを考慮した上で、本記事を読んでいただけると良いと思います。

カメラとカバン
FUJIFILMのミラーレス一眼、全9種類の特徴とおすすめXシリーズ【完全版】APS-Cのセンサーサイズで高画質が売りのFUJIFILMのミラーレス、Xシリーズ。 一眼レフに比べてコンパクトで画質も同等もしくはそ...

fujirumorsの予想

今後の動向について、僕の予想と考えを書く前に fujirumors に記載されていることを見ていきます。fujirumorsとはFUJIFILMの情報や噂が載っているサイトのこと。

まず注目のX-Hシリーズについて。
X-H1の後継機が出る出ないという問題、このことについてはこう書かれています。

Gordon from Cameralabs confirms that Fujifilm told him the Fujifilm X-H line will continue and there will be a Fujifilm X-H2 in future. As you know, FujiRumors always told you this, and we also told you back in 2019 that the X-H2 won’t come in 2020… so it’s still a long wait.
And to be precise I quote Gordon:
it would be easy to assume the X-T4 is simply a merger between X-T and X-H line. But Fujifilm is keen to point out that the X-T4 is very much an evolution of the X-T series and that the X-H series will continue.”

引用: fujirumors

ここで書かれていることを要約すると

・X-T4はX-TシリーズとX-Hシリーズの合体と言われるかもしれない

・しかしX-T4はX-Tシリーズの進化であって、X-Hシリーズはこれからも続く

・X-Hシリーズは続き、X-H2は将来発売する

・X-H2は2020には発売しないので待っている

ボディ内手振れ補正が搭載された最新モデルX-T4が発売された今、X-Hシリーズの立ち位置が気になる方が多いかと思いますが、X-HシリーズはX-Tシリーズとは別の位置付けだと言うことです。

この根拠となる インタビュー動画 もあるので気になる方はどうぞ。

次にX-Eシリーズの予想について。

So, actually the “X-E4 is dead” is technically not a wrong rumor.

In fact, the X-E4 has been really axed back in late 2019/beginning 2020. But Fujifilm put it back on the roadmap just very recently in April. And yet, unless a Fujifilm manager one day confirms, what I know is true, I will move the X-E4 rumor in the “wrong rumors 2020” list anyway.

引用: fujirumors

ここで書かれていることは

・X-E4の話は2019年終わりか2020年初めに復活している

・FUJIFILMは2020年4月にロードマップに戻した

・真相はまだ分からない

詳しいことはまだ分かっていないようですが、一度無しになったX-E3の後継機X-E4の話が戻ってきていて、開発のロードマップに追加されているらしいと言う話です。

今後の展開が気になります。

X-Hシリーズの今後

まずはフラグシップの1つであるX-Hシリーズから考えていきます。
とはいえ、まだX-H1しか発売されていません。

X-H1
2018.3.1
X-Trans CMOS Ⅲ

先ほど紹介したfujifumorsの中でもあった通り、2020に発売しないと言われているので2021年あるいは2022年あたりでしょう。

まだはっきりしたことは分かりませんが楽しみなモデルですね。

満開の桜
X-H1で撮る春の日常と桜(再)【作例】春はスナップ写真にいい時期です。冬が終わってだんだん暖かくなってきて、人々の表情が明るく街もも春らしい綺麗な色だからです。 個人的には...

X-Proシリーズの今後

トリプルフラグシップとも呼ばれるうちの一つ、X-Proシリーズ。
Xシリーズの初代のX-Pro1からスタートし、現在3代目。

X-Pro1
2012.2.18
X-Trans CMOS
X-Pro2
2016.3.3
X-Trans CMOS Ⅲ
X-Pro3
2020.1.16
X-Trans CMOS Ⅳ

これらを見ると一定の間隔で発売されています。
他のXシリーズと比較してもその間隔は長く、一定です。

X-Proシリーズはどのモデルともコンセプトが違っていてファンが多いので、後継機は確実に発売になると考えていて、次は2024年の始め(1月〜4月ぐらい)と予想できます

個人的にはすごく好きな機種だし、すぐに最新機種が出ないので古くならないカメラなのが良いですよね。

 

X-Pro3に感じること。スペックや外観、色んな意味で期待を裏切られたFUJIFILMユーザーが待ちに待ったカメラ「X-Pro3」がついに発表されましたね。発売は10月23日。今感じる正直な感想は「良くも悪くも期待を裏切られた」といったところです。この機種の発表に関して、現在分かっていることや、それに対して思うことを赤裸々に書いていきます。...

X-Tシリーズの今後

フラッグシップモデルの3つ目はX-Tシリーズ。
こちらも発売当初から根強い人気がある印象です。

X-T1
2014.2.15
X-Trans CMOS Ⅲ
X-T2
2016.9.8
X-Trans CMOS Ⅲ
X-T3
2018.9.20
X-Trans CMOS Ⅳ
X-T4
2020.4.28
X-Trans CMOS Ⅳ

このシリーズも発売はおおよそ一定。約2年前後で次のモデルになるという発売スパンです。

X-T5が発売になるとすれば2022年の半ば頃と予測ができます。

さらには搭載センサーについて言えば、3代目のCMOSセンサーが2台続き、4台目が2台続きました。他のシリーズではセンサーの進化とともに次の世代へ変わることもありますが、X-Tシリーズはセンサーがそのままでも、センサー以外の性能の向上とともに次の世代へと変わっていきそうです。

X-Proと違って短いスパンで次のモデルが出るので、新しい技術を早く体感したい人向けの現代のカメラと言う感じでしょう。

 

X-Eシリーズの今後

上記3シリーズまではいかなくても、人気があるX-Eシリーズ。

X-E1
2012.11.17
X-Trans CMOS
X-E2
2013.11.9
X-Trans CMOS Ⅱ
X-E3
2017.9.28
X-Trans CMOS Ⅲ

X-E1からX-E2が1年で発売されたのに対して、X-E3に関しては約4年期間が空いています。さらにはつい最近まではX-Eシリーズは終わったという噂もありました。

しかしfujiromorsの記事を引用した通り、X-E4が戻ってくる可能性がありそうです。

このモデルはX-Proとわりと近いコンセプトで、画質云々というよりは撮る楽しみを与えてくれるカメラです。
センサーも世代ごとに進化をしていて次は4世代目のセンサーか、1つ飛び越えて5世代目になるかもしれません。

発売日を予想するとすれば、X-E3から4年後の2021年半ばもしくは2022年あたりかなと考えられます。いずれにせよ発売が決まれば注目が集まりそうです。

X-T(2桁)シリーズの今後

サブカメラやエントリーモデルとして人気のある印象のX-T(2桁)シリーズ。

X-T10
2015.6.25
X-Trans CMOS Ⅲ
X-T20
2017.2.23
X-Trans CMOS Ⅲ
X-T30
2019.3.20
X-Trans CMOS Ⅳ

X-Tシリーズより小型、安価でありながら画質は変わらないモデルです。

このシリーズの発売を見ると約2年ごと。X-Tシリーズを追うようにして発売しています。

1機目はX-Tシリーズ発売の1年4ヶ月後ですが2機目、3機目はX-Tシリーズ発売の約半年後に販売開始されています。

そのようなことから考えると、X-T40は4代目のセンサーを積み、2020年終わりか2021年は始めあたりに発売になると予想されます。

X-T(3桁)シリーズの今後

上記シリーズとは異なりセンサーがベイヤー配列で、エントリーモデルに近いこのX-T(3桁)シリーずです。

X-T100
2018.6.21
ベイヤー配列CMOS
X-T200
2020.2.27
ベイヤー配列CMOS

2018年からスタートした比較的歴史が浅いシリーズ。

このモデルもやはり約2年でモデルチェンジするようです。
先日X-T200が発売になったばかりですが、X-T300が出るようなら次は2年後の2022年になりそうですね。

 

X-Mシリーズの今後

エントリーモデルの立ち位置だったX-Mシリーズ。

X-M1
2013.7.27
X-Trans CMOS

このモデルは2013年にX-M1が発売されてから、後継機が出ていません。

おそらくX-Eシリーズや後述するX-Aシリーズとの差別化がなされずに、廃盤になってしまったのでしょう。次は無い可能性が高いです。

X-Aシリーズの今後

エントリーモデルの定番としてあるX-Aシリーズ。

X-A1
2013.11.23
ベイヤー配列CMOS
X-A2
2015.2.26
ベイヤー配列CMOS
X-A3
2016.11.10
ベイヤー配列CMOS
X-A5
2018.2.15
ベイヤー配列CMOS
X-A7
2019.10.25
ベイヤー配列CMOS

Xシリーズの中でも最もモデルチェンジされていて、今は5代目です。

縁起が悪いとされている数字4が使われているX-Tシリーズがあるのに、なぜX-A4とX-A6が飛んでいるかは分かりません。

このシリーズの発売間隔は平均すると2年弱ぐらいです。

次に発売になるとしたらX-A8でしょうか。発売は2021年の初めぐらいと予想できます。

最後に言いたいこと

FUJIFILMのXシリーズの全種類の発売期間を元に、今後発売になる後継機について予想してみました。

どこのメーカーもそうですが、発売期間にはある程度一定の期間があります。
ユーザーの購買意欲とメーカーの技術力のバランスからなる戦略のようだと思いますが、特にFUJIFILMのカメラはうまくそのバランス感が保たれていると感じます。

いろんな層にマッチするラインナップがあり、ユーザーの気持ちを掴むFUJIFILMのコンセプトはつくづくいいなぁと思ってしまいます。

X-H1をメインに使っている今、個人的にはX-H2に特に注目しています。
僕もfujirumorsの予想と同じようにX-H2は発売すると思っているし、フラッグシップの頂点にあるのはやはりX-Hシリーズだとも思います。

今後の発表がさらに楽しみです。

FUJIFILMは何がいいの?「8つのメリット」をまとめてみた購入から時間が経ってもFUJIFILMが大好きな気持ちは変わらないし、新たに見えてきたところもあります。今日は僕がFUJIFILMのカメラに出会って約2年半、FUJIFILMを毎日見て、触って感じてきた良さや使うメリットを8つ書いていきます。...
台湾の果物
【台湾写真旅 1 】FUJIFILMで台湾スナップ。高雄は日常に幸せを感じる場所だった。世界中の人々を魅了する国「台湾」 僕が海外で一番好きな国でもあります。 最近ではテレビや雑誌での特集が多く、数年前に比べると...
ABOUT ME
アバター
kangaeruhito
カメラと写真が好き。特にFUJIFILMを愛しています。 愛機はFUJIFILM X-Pro1、Nikon F3、Leica mini2他。 一瞬を切り取るスナップショットが得意。 デジタルカメラ、フィルムカメラ、Raw現像、その他写真技術について日々考える、考える人による【考えるブログ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です