Lightroom

LightroomとClassicの違い。おすすめプランを比較・解説

写真を現像する時、管理する時便利なAdobeのPhotoshopLightroom

現像での自由度も高いし、管理も非常に便利。今や写真を撮る人には必須のツールとなっています。しかしながら、これからRaw現像を始めてみたいという人はプランが多くて分かりづらいのではないでしょうか。

例えばLightroomLightroom ClassicPhotoshop。また、フォトプラン単体プラン。実際どれを購入して使えばいいのでしょうか。せっかく有料で購入し、長く使う可能性が高いのですから自分に合うものを使いたいですよね。

そこで本記事では、分かりづらいLightroomとLightroom Classicの違い、さらにこれからRaw現像を始めたいなと思っている人に向けておすすめなAdobeのCreative Cloudのプランを紹介します。

Adobe Creative Cloudとは?

LightroomとLightroom Classicの違いを見る前に、まずはそもそものAdobe Creative Cloudがどんなものなのか見ていきます。

Creative Cloudは、PhotoshopやIllustratorといった定番アプリをはじめ、フォントなどのサービス、クラウドならではの機能を統合。初心者からプロまで、あらゆるクリエイティブ分野であなたのアイデアを叶えます。

引用 : Adobe公式

Adobeが提供するCreative Cloudには多くのアプリがあります。

画像の補正などを行う「Photoshop

イラストを作成したりプリントにも使用する「Illustrator

音響や音楽を編集する「Audition

写真を管理・編集する「Lightroom

ここに出したのはほんの一部で、他に約20ものクリエイティブなアプリが揃っています。この中から使用したいプランを、月額払いあるいは年払いで料金を支払うと使用できるのがこのサービスです。

アプリによって価格が様々で、1つだけを使用できるプラン、いくつかの種類を使用できるプラン、全てを使用できるプランがあります。

Creative Cloudには3つの写真関連アプリがある

このCreative Cloudで気になるのが、写真を現像したり、管理するアプリケーション。写真に特化したアプリは3つあります。

1. Lightroom

2. Lightroom Classic

3. Photoshop

しかしこれらの3つは本当に分かりづらい。誰もが最初は感じる悩みです。
似ているようで微妙に特色が違ってるので1つ1つ見ていきます。

Lightroomとは?

取り込んだ写真を見たり、編集したり、管理したりするアプリ。
2017年までは「Lightroom Classic」のことをLightroomと呼んでいました。このあたりも紛らわしいですね。

写真データをAdobeのクラウドストレージに保存し、ネット経由で編集・管理するタイプです。使用できるパターンとしてはいくつかあります。

・PCにインストールソフトとして

・スマホ・タブレットにインストールするアプリとして

・ブラウザにログインして使用するWeb版として

これらをまとめてLightroomと呼びます。

このLightroomの特徴としては、アイコンが大きく操作しやすいようなデザイン、初心者でも直感で編集できるようになっています。クラウドに保存するシステムなので、ネットを介してどこでも写真編集できます

しかしながらクラウドのストレージに制限があるというのがデメリットです。

Lightroom Classicとは?

写真データをローカルのPCや、HDDやSSDに保存するアプリ。このアプリのみだと使用できるのはPCだけです。

特徴としては、Lightroomに比べてより細かな設定で編集作業ができることです。保存がクラウドではないので、外付けディスクを用いれば容量を気にすることなく大量の写真を保存することができます

またコレクションに入れた写真を同期することでスマホやタブレットのLightroomで編集可能な点も便利です。

実際僕も使用していて、これらの中では一番一般的な感じがします。

Photoshopとは?

写真はもちろんですが、画像に特化しているアプリと言えるかもしれません。

Photoshop 2019とPhotoshop Elements 2019があります。Photoshop 2019は月額プランで使用できるもので、Photoshop Elements 2019は買い切りタイプのソフトです。

このPhotoshop、やりたいことはほぼできると言われています

特徴は、レイヤーと呼ばれるフィルターのようなものをおいて編集可能なこと。また文字入れや、切り抜き、合成など綺麗に行える点です。

機能が高度で、1枚の写真に対してデザインや作品作りには向いていますが、大量の写真をまとめて編集するには向いていないかもしれません

写真だけをいじる人について言えば、LightroomかLightroom Classicで十分かと個人的には思います。

LightroomとLightroom Classicの違い

写真向きな2つのアプリLightroomとLightroom Classic。その違いをまとめます。

Lightroom Lightroom Classic
保存 クラウド PC・ディスク
使用 PC・タブレット・スマホ PC(同期すると他でも可)
操作性 直感で使用できる やや難しい
機能性 普通 良い
プラン 単体プラン・フォトプラン フォトプランのみ

大きな違いは保存方式と使用に関するところかと思います。

Lightroomはクラウドに保存するのでデータ容量を気にする必要があります。
様々な端末で外出先でも使用できるというのはメリットです。たとえば旅行に行った際に、スマホでさっと編集してSNSに投稿というような使い方には非常に便利です。

Lightroom ClassicはPCベースでの使用ということで、柔軟性にはやや欠けますが外部デスクに保存することで容量を気にせず保存でます。さらには機能がLightroomより良いので、高精度な編集が可能です。

LightroomとPhotoshopの違い

次にLightroomとPhotoshopの違いを見ていきます。Lightroomは2種類を両方含めての比較です。

Lightroom Photoshop
プラン 単体プラン・フォトプラン
(Lightroom Classicはフォトプランのみ)
単体プラン・フォトプラン
単体プランの価格 安い 高い
操作性 普通 複雑
機能性 良い 非常に高機能
特徴 写真の編集に特化 画像の編集に特化

2つの特徴を簡単に

編集・管理に特化 → Lightroom

加工・編集に特化 → Photoshop

と言えます。

Lightroomは撮った写真の選定・現像・編集・出力までの一連のフローが分かりやすく便利になっています。大量の写真を一気に管理できる点で非常に便利です。ただし細かな写真の編集はPhotoshopに劣ります。

つまりLightroomは普段の撮影向きPhotoshopは作品制作に向きと言えるかもしれません。

フォトプランと単体プランの違い

プランが2種類あります。
フォトプランと単体プランの2つ。これも悩ましいところです。
これらの2つについて解説します。

フォトプラン

・Lightroom
・Lightroom Classic
・Photoshop

3つ全て使用できる。ストレージは少ない。

単体プラン

・Lightroom
・Photoshop

単体プランで使用できるのはどちらか1種類のみ。フォトプランよりもクラウドストレージが多い。

3つ全て満遍なく使用できるフォトプランと、1つに絞っての使用に特化した単体プランです。

フォトプランでのみLightroom Classicが使用できます。

単体プランではLightroomのみかPhotoshopのみとなっています。その代わりクラウドストレージがフォトプランの同価格と比較しても非常に多くなっており、クラウドベースで使用するには良いプランです。

フォトプランのLightroom Classicではクラウドは使用できませんが、その他の2つで使用するために少量のクラウドストレージがあります。

オススメの写真保存。効率的な方法【クラウド+HDD+SSD】写真を撮る人を悩ませる写真の保存方法の問題。たくさん写真を撮る人、Rawで撮る人は特に保存の悩みが付きものです。今回は僕が行っている効率的な写真の保存方法を紹介します。...

価格を比較

3つのアプリと2種類のプランを理解したところで、これらの価格の比較をしてみます。

検討するのは以下の4種類です。

プラン フォトプラン(20GB) フォトプラン(1TB) Lightroom単体プラン Photoshop単体プラン
価格(月払い) 980円 1980円 980円 3480円
価格(年払い) 11760円 23760円 11760円 26160円
lightroom ×
Lightroom Classic × ×
Photoshop ×
ストレージ 20GB 1TB 1TB 100GB

ここでのストレージ20GBというのは約4000枚のjpeg画像分ぐらい。
1TBというのはその50倍の容量。約2万枚のRaw画像または約20万枚のjpeg画像ということになります。

この比較表を見て分かる通り、一番安いのはフォトプランの20GBか、LIghtroomの単体プランということになります。

おすすめのプランのまとめ

先に紹介した様々な要素を踏まえて、タイプ別におすすめするプランは以下の通りです。

・とりあえず最初は簡単な現像だけをしたい → Lightroom単体プラン

・がっつり現像をして写真のレベルアップをしたい → フォトプラン(20GB)

・自宅では細かな現像、外出先でも大量に現像をしたい → フォトプラン(1TB)

・写真より作品としての高精度な画像を作りあげたい → Photoshop単体プラン

迷ってしまったら フォトプラン(1TB)を選んでおけば間違いはありません。

複数人で使用する場合や複数の端末で編集をする人、外出先で写真を扱う人には1TBのクラウドの容量があると安心だからです。

20GBの容量でもクラウドを使用しなければ問題は全くありません

1つだけ注意したいのは、Lightroom単体のプランはクラウドストレージが1TBではありますが、クラウドだけにしか保存できません。
先ほど1TBとは2万枚のRawデータ分と書きました。週に1回300枚程度の写真を撮り、Rawデータでクラウドに入れたら1年ちょっとでいっぱいになってしまいます。

Lightroomは管理にも非常に良いアプリということで撮った写真のデータも管理するとしたら1TBは物足りなく感じてしまうかもしれません

やはり、あまり枚数は取らないし簡単な現像だけしたいという人以外はフォトプランをおすすめしたいと思います。

登録から始め方、簡単な使い方についてはこの記事で解説しています。

raw現像
Lightroomの始め方【登録方法・Raw現像方法を解説する】写真がイマイチで思ったような写真が撮れない。Raw現像に少し興味があってやってみたい、そう思っていませんか?本記事ではLightroomの登録方法、使用方法に加えて、写真を現像する際に知っておくと便利なことを解説します。この記事を読むと、すんなりLightroomを始められ、基本的な使用方法が理解できます。...

最後に

ここまでAdobeの写真の現像・編集・管理のツールを紹介しました。種類もプランもいくつかあるので自分にあったものを使用できれば良いなと思います。

ちなみに僕は月額を払ってフォトプランを使用しています。理由はLightroom Classicが使いやすいから。以前無印Lightroomを使用していた時とは効率や出来栄えが違ってきたと思っています。

最安で月額980円で写真の表現がレベルアップすることができるのですから、興味を持った人は始めてみるべきです。

「デジタル写真の色を極める」レビュー。オススメLightroomの本すべての現像ソフトで共通するレタッチをする上で知っておくべきことが28の項目で書かれています。この本を読むことで基礎を知ることができ、なぜこの操作が必要なのか?という疑問が解決できます。...
ABOUT ME
アバター
kangaeruhito
カメラと写真が好き。特にFUJIFILMを愛しています。 愛機はFUJIFILM X-Pro1、Nikon F3、Leica mini2他。 一瞬を切り取るスナップショットが得意。 デジタルカメラ、フィルムカメラ、Raw現像、その他写真技術について日々考える、考える人による【考えるブログ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です